OCU Open Advanced Research Facilities

研究基盤共用センター設立

「研究基盤共用センター」は、研究組織のマネジメントと一体となった研究設備・機器の整備運営を行い、学内の研究設備・機器の共用化を促進する目的で平成31年2月に設立されました。

共用センター内の学外対応共用機器一覧ならびに利用の流れについては、こちらのPDFからも、ご覧いただけます。>>共用センターパンフレット(PDF)

リンク:研究基盤共用センターの概要

文部科学省の平成30年度先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)に採択されました。

文部科学省の平成30年度先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)に大阪市立大学【工学研究科】が採択されました。

工学研究科の研究室で維持・管理している世界最高性能の「3次元蛍光X線分析装置」を核としてその他の先端機器を学内外へ共用化します。専門の技術支援職員が常駐し、利用者ニーズに応じて多様な機器を組み合わせた最適ソリューションの提示を行います。

リンク:工学研究科共用事業ホームページ


文部科学省の平成29年度先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)に採択されました。

文部科学省の平成29年度先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)に大阪市立大学【理学研究科】が採択されました。

理学研究科内で維持・管理されているWバンド(94GHz)電子スピン共鳴(ESR)分光器とQバンド(34GHz)パルスESR分光器をはじめとした先端分析機器を共用化します。国内外の研究者が活用できる共同利用体制を構築することで、共同研究・共同利用を通して最先端科学研究の進展を図ります。

リンク:理学研究科ESR部門ホームページ, 理学研究科分析室ホームページ


Under construction