オンライン教材内容

◆オンライン教材の内容(※必要なものだけ視聴可)
A. ブルカーウェビナー(※別途ブルカー社への登録が必要)
1. 電子スピン共鳴法(ESR)の基礎と解析法
    –ESRの基礎からスピン定量・スペクトル解析法まで-(49分間)
2. 電池材料を電子スピン共鳴でとらえる(43分間)
3. ESRを用いた活性酸素、窒素種の検出(44分間)
4. 製薬ライフサイエンス分野に貢献するESR(43分間)

B. eラーニング(※阪市大、奈良高専、阪大の関係者のみ利用可能)
1. どのような分野で使われているか?(8分間)
2. どのような試料を準備すればいいか?(9分間)
3. 測定時の注意点(7分間)
4. 解析の際に知っておくべきこと(5分間)